広告
 

下げているときは下げた理由探し 雑感

大幅に上下を繰り返す株価に対して、
その都度それほど関係性の高くないと思われる
理由を話すアナリスト等をみながら思いついたことを。

投資を何年もやっていると、
アナリストたちが話している株価が上下する理由の
大半は話半分でいいと感じていると思います。

今回の暴落で言えば、
最初は米国債の金利上昇と言っていました。

たしかに米国債の金利はそれなりに上がっていましたが、
過去を見ても極端に高いものではなく、
その後にVIX指数の影響が大きかったという話に。

米国債が買われ出しても戻らないし。

じゃあ、VIX指数が何故急に変化したか?というと、
あまり大した理由付けじゃないんですよね。


また、日経平均が大きく下落後の
反発が弱かった理由も同じ。

タイミングがずれて下落した中国を気にしてました。

元々はダウの急落に影響を受けて
日経平均が大きく下がったので、
ダウが大きめに戻せばそのまま戻っていいはず。

それに、その前の中国は
そこまで大きな下落じゃなかったんですよね。


こういうのの繰り返し。
そのため、人々に情報が残りにくいんですよね。

理由がその場しのぎですから。

大事なことはリスク管理なのですが、
それ以外の部分を自分から積み上げる作業を重ねるしか
初心者⇒初級者にレベルアップする術がないんですよね。

それが投資の難しいところ。

指南役が親類にいれば、
相当違いますけどね。

ただし、その指南役が反対だったら
それこそ不幸が始まっちゃいますけど。
  広告
 
  




コメントの投稿

非公開コメント

広告
登録バーナー
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
最新記事
広告
最新コメント
プロフィール

空投資家

Author:空投資家
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示