広告
 

報われるまでやる 投資について

ある投資家さんが

『最近はきっちりと銘柄分析をする
 個人投資家が増えた印象。

 しかし、銘柄分析がパフォーマンスに
 それほど報われるとは思わない。

 投資は頑張って報われる世界じゃない。』

的な内容を呟かれていました。


非常に意味のある言葉だと思います。

そうです、弱肉強食なので、
頑張っても報われないことが多い。

なので、分析を頑張ったから
パフォーマンスが必ず伸びると
幻想を抱くのは良くないと思います。


その一方で、私はちょこちょこ
そーせい社絞って分析というか調査というか
掘り下げる行動を続けています。

矛盾してますね(笑)


これをやや客観的に考えてみると、
私は頑張ったから報われるではなく、
報われるまで頑張るという
スタンスなのかもしれません。

勝つまで戦う的な、
ちょっと泥臭い感じ。

能力が高ければ、
スマートに材料株を渡り歩く方が
絶対的に効率が良いはずです。

でも、私にはそれが出来ない。

なので、勝つ方法を模索するなかで
今の私はここで戦っている訳ですね。

もちろん、ただ頑張るじゃなく、
勝つ工夫を織り混ぜながらです。

そういうことを考える機会になってよかったです。


ちなみに発言者は
優待株を比較的重視していて、
スタンス的に深く掘るのは
合わないのもわかります。

結局はスタンスの違い、性格の違い、
状況の違いなどで
正解にも間違いにもなりかねないです。


P.S. 
もっと自分なりに考えを付け足し、
整理したものを備忘録に書きました。

個別株投資と分析についての意味を考えてみた
  広告
 
  




コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
そうですね、自分が何に趣を置くかによってくると思います。
自分は、ファンダメンタルズ重視ですので、チャートで赤三兵とか言われても、
「はぁ・・・?」
って感じになってしまいます。
自分が正しい、相手が間違ってるではなくて、そういう意見もあって、そういう戦い方もあるって思ってればいいのかなって思ってます。

くろタヌキさんへ

書き込みありがとうございます。

どこに趣を置くのかは結構ぶれやすいですし、
強く意識していないと勝手に自滅しますからね。

強みと弱みは
なるべく意識しながら戦いたいですよね。

それが出来れば
長い期間で大きな負けはしないと思いますね。


人は人、自分は自分ですよね。
広告
登録バーナー
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
最新記事
広告
最新コメント
プロフィール

空投資家

Author:空投資家
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示