広告
 

そーせい R&Dメモ3 そーせい

 前々回(そーせい R&Dメモ1 そーせい)、
 前回(そーせい R&Dメモ2 そーせい)の続き。



 最初に言いますが、
 内容は鵜呑みになさあらないでください。

 所詮素人の戯言ですので。



 P32 精神病における ムスカリンM4受容体の役割について
 ・BPRS ⇒ 「簡易精神医学的評価尺度」
 ・キサノメリン ⇒ 「M1及びM4へ作用する。ただし、副作用が非常に強い」
 ・PANSS ⇒ 「統合失調症で広く使われている評価基準」
 ・容量のグラフは見づらいので詳しくわかりませんが、
  多い(150~225mg/ml)と効果がはっきりと出てそう。


 P33 ⽬指す開発品プロフィール:M4 受容体作動薬について
 ・M1作動薬に対すると、やや狭い範囲での適用を目的としていそう。
  (効果が高いため?)
  SZやADに対して、「中等症や重症」や「急性」との記述。
 ・M1でもそうだが、既存薬が存在しない範囲の適用が成功すると大きい収益に繋がりそう。


 P34 M4受容体作動薬 開発計画 – SZ & ADにおける精神障害について
 ・およそM1作動薬の2年遅れの状況。



 つづく。(次回(そーせい R&Dメモ4 そーせい))




  広告
 
  




コメントの投稿

非公開コメント

広告
登録バーナー
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
最新記事
広告
最新コメント
プロフィール

空投資家

Author:空投資家
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示