広告
 

そーせい R&D メモ1  そーせい

 R&Dの資料を再読中。

 内容が濃いため、前に見ただけでは理解が乏しいと思われたためです。
 気になる点を場所ごとにメモしていこうかなと思います。
 (動画のコメントは忘れてしまったので、資料だけを見た感想です。
  動画に答えがあるものもあるとは思いますので、また3連休にでも見直します。)

 まずはP7 呼吸器薬関係

 ・ウルシー関係のマイルストーンは総額を教えてくれているが、
  QVM149のマイル総額が不明。
  3相開始、承認、販売開始の各々がウルシー並みの金額?
 ・QVM149の販売マイルってないのか?
 ・QVM149のロイはウルティ並?3合剤なので3.3%程度?その半分(1.6%)?
 ・ピーク売上の見込みはいつぐらいに発表?(今月ノバの決算等)

 P12 Heptares社のパイプラインが⽣み出せる価値について
 ・ピーク予測の根拠は?(外部に予測を依頼?自社予測?)
 ・M1とM4、M1/M4デュアルは別々で導出予定?セット導出?自社開発?
  (導出先からすれば、セットで導出できる方が営業力を含めて断然魅力的。
   ただし、セットで導出しようと思うと、それぞれがある程度まで進捗している必要がある。
   その場合、一番進んでいるM1作動薬は導出を遅らさざるをえなくなる。)
 ・A2A受容体拮抗薬は、ガン向けの需要も見込んだ金額?プラスアルファ?
 ・基本的に市場規模に対するピーク売上が高すぎる。
  いくら選択性が高いといっても、そこまで一極集中するものだろうか?
  見通しが甘くないのか?
 ・ロイヤリティーの相場は、P1導出、P2導出、P3導出、承認後のそれぞれで
  どの程度違うのか?

 P13 Heptares社の既存パートナーについて
 ・提携先の進捗情報はどのタイミングで発表される?
  (第3相終了後?販売開始後?開発中止?具体的な発表は今後もなし。)
 ・M1作動薬と比べて、提携先のトップランナーは何年前に臨床スタートしたのか?
 ・各社との提携薬はウルシー並みのロイヤリティ率?
  もっともっと少ない?

 P15 GPCRの安定化とSBDDの利⽤について
 ・他にもGPCR解析できている企業群はあるが、
  それでもヘプタレスの手法で他社との差が大きいのはどこなのか?

 P19 抗体創薬に適応可能なStaR®技術について
 ・抗体創薬の相手はモルフォさん以外に何社位考えているのか?



 つづく。(そーせい R&Dメモ2 そーせい




  広告
 
  




コメントの投稿

非公開コメント

広告
登録バーナー
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
最新記事
広告
最新コメント
プロフィール

空投資家

Author:空投資家
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示