広告
 

妄想ではありますが そーせい

 今のところ、年内に米国ダブル申請がホルダー共通の認識だと思います。
 そして、今の株価はその申請をおり込んでいるか?
 その点が皆さんの心配点かなと思います。
 全力そーせいホルダーの私は、もちろん全くおり込んでいないわけです。
 おり込んでいると思っていたら、とっくに資金を退避させるでしょう。

 当然申請するとして、さらに盛った形で報告が来るのでは?
 などと妄想を働かせています。
 それは前に挙げたファストトラック系のことです。

 安全性に別段問題がないウルシーをあれだけ引き伸ばし、
 更に1日2回へ落とし込んだFDAが、世界のノバに対して単純に突き放すのか?
 遺恨が残るとまずいので多少の配慮はあってしかるべきではないのか?
 といったような甘い妄想を抱いているわけです。
 他国で一年以上の実績ができた今では可能性が小さいとも思えません。

 そうすると、対応するのが「ファストトラック」か「医薬品優先審査方針」あたりじゃないかなーと。
 2年以上引き延ばしたわけですから、申請から承認までの期間を10か月から6か月へ短縮しても
 十分に審査期間の延長をやっているわけです。
 いいでしょ?それぐらいという気持ちです。
 どうでしょうか、FDAさん?

 あんまり贔屓をやり過ぎると、ノバ等の非米国製薬メーカーが
 お金を使って市民運動を扇動しちゃうかもですよ?
 もちろんそれは冗談ですけど。
  広告
 
  




広告
登録バーナー
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
最新記事
広告
最新コメント
プロフィール

Author:空投資家
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示