広告
 

増資について再考 そーせい雑感

そーせい社の株価が想定よりも
ずっとずっと良好に推移したため、
再度どうなるかを考えた方がいいなと思いました。

そもそも下落をどれだけ抑えられるか?
という点で考えていましたからね。

想像力が低かったですね。

では、条件について。

基本は180万株+27万株の増資。
発行価格決定日は11/20-22。
決定日の終値に対して0.9-1.0を掛けた金額。

発行価格と支払い価格の差が手数料。

払込日は価格決定日から4営業日後。

使途に手取概算額上限200億円と書いてあります。


金曜日の終値は12190円。

これに0.9を掛けた場合は10971円。
この金額で207万株を募集すれば227億円です。

これだと27億円の手数料を払っても
200億円の手取りが出来る訳ですね。

この手数料が高いか安いかよくわかりません。

ただ、高いなと思う場合には、
27万株分の裁量がありそうな範囲で
こちらの行使をしない等の調整になるのかな?

180万株分はそのままでしょうが、
27万株分の意味合いは
ちょっと文章を理解できてないです。

引受人に付与する追加的に発行する当社普通株式を
買い取る権利の対象株式の上限とあります。

日本語難しい。

とりあえず、今のところは
ほぼ200億円の調達が出来そうな流れで、
そのお金で開発に支障は生じなさそうでよかった。

0.9掛けて発行するなら、
応募者多数でしょうからね。

このディスカウント率なら販売に強いはず。


既存株主としては
少しでも低い希薄化で
少しでも多い金額を受領してほしく、
このまま何事もなく行ってくれたらと思います。

株価上昇や巷の評価を見る限り、
増資後も悪くない値動きを期待できますけど、
その辺りはもう少し時間がたってから、ですね。

油断大敵。
先ずは増資が一段落してから。
  広告
 
  




広告
登録バーナー
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
最新記事
広告
最新コメント
プロフィール

空投資家

Author:空投資家
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示